目的別ローンで使用用途にあったお金を借りる

貸したお金の使用用途が決められているものを目的別ローンと言い、その種類には自動車ローンや住宅ローンなど様々なものがあります。融資を受ける場合には、その使用用途を明確にするために、資金使途証明書など、何に使用したか証明してもらう場合や、直接お金を使用する相手の口座に振り込む場合などもあるでしょう。

目的が明確に決められていないフリーローンよりは審査が厳しい、融資までの時間が掛かるなどのことはありますが、その分金利は低く設定されています。金利は固定されている場合がほとんどですが、なかには変動金利を選べるような商品もあります。

また担保は必要ない場合がほとんどであり、教育ローンなどの一部では担保が必要です。手続きが簡略化されているときには、すぐに借りられるところが多いですが、その分金利が高くなっていることが多いです。出来るだけ金利を抑えたいなら、矢張り担保を用意してお金を借りるのが一番の方法です。

審査が通りやすいほど、金利が高いという傾向もあります。
車を買いたい、結婚資金が必要になったなどお金の使い道が決まっているときには目的のローンでお金を借りるのも一つの方法です。

しかし、仮にその審査に落ちてしまったとには、少し金利は高くなってしまいますが、使用用途の限られていないローンで申し込んでみるのも良いでしょう。どちらのような場合でも、返済方法には特に違いはなく、利率や審査が厳しいかそうでないか、限度額などが違います。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ