融資限度額は総量規制で年収によって左右される

キャッシングなどでお金を借りる場合には、昔は審査に通りさえすればいくらでも貸してくれましたが、現在は総量規制というものが出来たので、年収の3分の1までという制限が設けられました。これは貸金業法の一部であり、これに則って営業している貸金業者では融資限度額が制限されます。

たとえば年収300万円であれば、借りられる金額は100万円までとなり、これはすべての借入先を併せて計算されるので、1社で100万円借りていれば、他からは借りられないことになります。ただしこの総量規制は貸金業法なので、貸金業法で営業していない、銀行系のキャッシングなどは総量規制の影響を受けません。

どこのキャッシングでも限度額500万円までなどと言うように、あたかも大きな金額を融資できるとうたっている業者が多いです。しかし残念ながらこのうたい文句をそのまま信じてはいけません。

総量規制に従って融資するなら、たとえば限度額500万円で、その限度一杯に借りるなら年収は単純計算で1500万円ないといけません。普通に考えればこのような高所得者がお金に困って借りるケースは少ないです。

また担保も保証人も必要ない融資では、あまり大きな金額のお金を借りるのは難しいです。最近では無担保・無保証人で融資するところも増えており、そのようなところはすぐにお金を借りられるというメリットはありますが、その分借りられる金額が少なくなります。沢山お金を借りたいなら、担保を作って借りた方が確実です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ