融資手数料の金額は支払う方式で変わってくる

住宅ローンでもお金を借りる際には、融資手数料という料金が発生します。これは金利とは別に金融機関に支払うお金になり、融資を受ける際には必ず発生する費用です。住宅ローンでは金利の低さを考慮して、少しでも金利を低くしてお金を借りようと思う場合が多いですが、手数料と金利が低い高いの関係は密接に繋がっています。

この融資手数料は定額型という、一定料金に決められているタイプのものが主流でした。融資額に関わらず、数万円という定額が決まっています。しかし最近では定率型の手数料も登場しています。これは融資金額に対して何%という風に割合で金額が決定します。

この金額は多くの場合は1%や2%の割合になっており、定額型に比べると、借りる金額が多いほど、支払う金額も多くなってくるのです。
例えば2%に設定されていれば、3000万円を融資しもらった場合には、手数料は60万円ということになるでしょう。

定額型に比べればはるかに多い金額ですが、その分金利が幾分か低く設定されています。そのために、手数料は安くても金利は高い、またその逆になるローン商品も存在するのです。

ローンの返済が長期間になればなるほど、やはり金利が低い方が返済総額も少なくなり、手数料が安いという事だけみて、融資を受けると思った以上に返済総額が多くなるかもしれません。また支払総額を少なくしたいなら、ボーナスでの返済もして、少しでも借金を返す期間を短くするという方法もあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ