融資の種類によって融資利率が定められている

主に一般の人が利用するローン業者というのは、正確には貸付業者として定められている企業のことです。

こちらについては、銀行やサラリーマン金融として定められていますが、正確には金融業者として登録されている場合を指すので、余り知らないような名称の業者などがあった場合には、登録されている業者であるかどうかをチェックするだけで、正常に運営されているかがわかります。

また、業者も複数で存在するだけではなく、融資利率についても定まった状態で運営をしているという特徴があります。融資利率については、今では実質年率という名目で定められているので、公式サイト、もしくは店舗内で商品をチェックすると理解が出来るでしょう。

金利という名称でも取り扱われているのですが、銀行やサラリーマン金融で同じ商品を扱っている訳ではありません。例えば、銀行では複数の商品で貸付を行っているのですが、サラリーマン金融ではカードローンのみを取り扱っています。カードローンは、特に長期に渡って借入が可能となっているのが特長です。

金融業者の中でもサラリーマン金融では、カードローンを昔から商品として取り扱っていたという特色もあります。銀行の融資については、ローンとして用意されている金融商品を主に言いますので、カードローンのみを商品と言っているわけではありません。それについて注意し利用する必要もあります。

ただ、近年ではマネーアドバイザーといった融資の専門家が店舗内に常駐しているので、どれが自分にあったローンなのかアドバイスを頂けるようにもなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ