キャッシングローンの殆どは有担保ローン前提となっている

借金には、カードローンやキャッシングによるものがあります。また、便利な商品購入ごとの借金ではクレジットカードもありますが、ローンとして近しい形態を取っているカードローンとキャッシングについての違いを明確にすると、有担保ローンによる借金が前提となっている点が大きな違いです。

有担保というのは保証がなくては、借入審査そのものを行わないと定めているローンを言います。但し、今ではカードローンなどでは必要でなかったりするケースもあるので注意して下さい。元々はキャッシングで取り扱っている仕組みとなっておりますので、有担保というのは高額商品などの購入でない限りは必要でなかったりもします。

次に、他のものとどのような違いがあるのかについてですが、有担保の場合は担保価値と言うものが必要となってくる点で、カードローンとは全く別のものです。例えば、定まった商品でなければ認めないと言うケースや、もしくは人的保証のみ認めると言うケースまであります。

これについては、キャッシングで購入する商品で差を比較するとわかりやすくなるでしょう。例えば、自動車など高額な商品を購入する際には、「自動車そのもの」が有担保に該当しているので問題ありません。他の物については不要なので、他のものについては間接的に認めていないと言う訳です。

そして、高額ではなく10万円程度の一般的な家電などの場合には、担保については支払いに対する決まりとなって成立します。このようなケースでは、支払いが不可になった場合は他の方法で取立てが発生するか、もしくは一時的な支払いなどを求められるなど業者によって対応は様々です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ