ヤミ金などで用いられている利息先取方式について

クレジットカードなどで有名となりましたが、今では小さな金額に対してのヤミ金も存在します。また、一般業者と同じように営業しているヤミ金も多いので、そもそもどのようにして判断をすればいいのかが不明であるのが、ヤミ金そのものの面倒な点でしょう。

しかし、利息先取方式のようにヤミ金が小さな金額でも営業をしている場合には、特徴と呼べるような営業手段もあるので、そちらで判断をするとすぐに理解が出来るようになる場合もあります。

利息先取方式とは、本来であればその都度で発生するはずの利息分を前もって徴収すると言うものです。ローンなどをされる際に利息先取りをする業者と言うのは存在しておりません。また、これについてはクレジットカードだけでなく、カードローンやキャッシングローンについても同じとなっています。

なので、ヤミ金から利息先取りについての案内を受けた場合は、まともな業者のように見せかけているヤミ金だと理解した方がいいです。また、利息先取方式については利息額を融資時点で予め徴収すると言うかたちなので、こちらが対応しなかった場合については被害に合わないで済むようにもなっています。

応じなければ、電話連絡などで催促をしてくるケースもあるのですが、ヤミ金だとわかった時点で連絡に応じなくても問題はありません。また、このような業者と個人の利用についてはよくトラブルにもなっているので、個人の問題として抱え込まず金融業者(銀行など)でよく相談をされた方が理想的な解決になりやすいでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ