利息分の支払が面倒な場合には利率天引き方式

ローンで発生する利息は、計算そのものについては非常に楽です。例えば、30万円のカードローンの利息計算については、支払回数と実質年率で計算をするだけなので、掛け算が苦手な人でない限りは、その2つを知っているだけで大まかに計算が出来るでしょう。

実際に、30万円で12回払いの実質年率が18.0%であった場合については、30万円の0.18倍が利息になると言う風に計算をするだけで問題ありません。
つまり、そのようなカードローンでは利息分が年間では5.4万円となるだけなので、計算についても複雑ではなかったりします。

しかし、返済においては「都度払い(月額からの天引き)、ボーナス払いとの併用」などを設定しないといけませんので、安易に返済までを含めて個人で対応が出来ると言う訳ではありません。

なので、そのような場合には利率天引き方式を利用するようにします。利率天引きとなっていますが、こちらであれば最初に利息分が引かれる形でカードローンが出来ます。

また、銀行などでは利率天引きをしているような金融商品がありませんが、こちらについては独自の裁量で利用されている方式となっていますので、業者側が用意していない場合については相談してください。

なので、街金などローカルな金融業者では用いられている方式となっているので、一般の人が利率天引き方式について知らないと言うのは、それほど珍しい話でもないでしょう。また、一部の利息のみ適用とするような特殊な返済についても対応可能な場合が多いです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ