トータルの返済額を少なく出来る臨時一部返済

現代のクレジットカードや他の借入では、臨時一部返済が認められるようになっています。クレジットカードでは特に一般的となっているのですが、臨時で借金を返せる場合に返済を認めていると言うのが、この臨時一部返済です。なので、約定返済について細かく返していくスタイルに切り替えると言うものではありません。

約定返済と言うのは、支払日が決まっている場合の支払方法で、他の借入では約定返済が主に該当となります。
他の借入では前述したクレジットカードとは違い、同じようなローン額であったとしても支払タイミングについては同じではありません。

カードローンでは、臨時や一部の支払については応相談となっている傾向にありますので、こちらから連絡がなかった場合については急な支払については対応してくれないようにもなっています。ただ、どのような借入であっても臨時で一部の返済が出来るようなケースもあります。

それは、遅延損害金が発生している場合です。そのようなケースでは、既に通常の方法では正常に返せていませんので、支払者の支払能力についても疑問を抱かれるようなケースが多いでしょう。

その為、次の約定日に支払うようにはなっておらず、前もって遅延損害金が発生した場合の日時で、臨時の対応を行わなければいけません。ただ、遅延損害金に対してのみ臨時で一部返せるようになっているだけなので、その分を支払った後については正常な支払い方法へ戻るようになっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ