臨時全部返済なら最終の返済日前までで支払が可能

支払については、約定が定まっているので守らないといけません。例えば、主な借金の支払やクレジットカードの場合には約定日が設定されるので、守らないと損害を与えたとして遅延損害金が要求される場合があります。しかし、そのような対応については実を言うと業者側についても納得済みでローンが可能であったりするのです。

それは、臨時全部返済と言う支払方法が用意されているので対応が可能だからです。臨時全部返済とは、本来であれば定まった日に返すように決まっている借入を、前もって全て返してしまうと言うものです。

支払方法によっては、100万円以上と言う高額ローンばかりではなく、ものによっては1~10万円と返すことが難しくないものがあります。ですが、どのような金額であっても約定返済とされているように、定まった方法での対応が求められているので、基本的には自由気ままに返せるようになっているわけでもありません。

しかし、臨時全部返済を利用するようにすると、そのような対応についても可能となります。ただ、ローンを行っている金融業者が認めていない場合には利用出来ません。予め借入をする際には、そのような支払い方法についても利用可能か質問をしておくのが良いでしょう。

また、臨時で全額を返済するのは、返済を行わないといけないローンがなくなるというメリットだけでなく、発生する金利のリスクについても低減できるというメリットもあるので、業者側が推奨している返済方法としても有名です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ