臨時返済については認められていない金融商品もある

一般的にローンと言うのは返済タイミングが定まっています。ただ、支払については基本的に自由となっているので、借入先の殆どは支払先口座について掲載していたりするのです。わかりやすいものでは、公式サイトのローン返済のページに書かれている振込先がそうです。

そちらについては、メモをとっておくようにしておくと、後になって振込先を忘れてしまった際に利用が出来ますので、記録を忘れずにしておくのも重要でしょう。
と言うのも、ローンをされている際のリスクについては、出来るだけ早いタイミングで支払ってしまった方が軽減するようになっているからです。

わかりやすい例では、臨時返済と言う支払方法で対応する方法で、臨時で前もってメモをしておいた口座で振込をする訳なのですが、支払いについては完了した時点で入金についても完了するようになっています。なので、後になって利息が発生すると言う事もありません。

つまり、臨時で支払いが出来る際には支払いをしておくだけでも金利リスクは必ず減るのです。過去では、返済をされても反映されるまでにタイムラグがあったりもしましたが、現代ではネットからの振込や店舗ATMからの振込であっても、反映については数分とかからないようになっています。

ただ、このように便利なサービスとなっている臨時返済でも、夕方以降についての反映は翌日となっておりますので、営業時間を銀行と借入先の両方で知っておくのも重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ