連帯保証人とは違う連帯債務者についての案内

混同している人が多いと思いますが、似ているようで連帯保証人と連帯債務者は違います。連帯保証人とは、予め債務者の1人になっている状態を言い、つまり、クレジットカードなどローンにおける保証人と言うのは、ローンを支払う可能性がある個人を表しているのです。

ただし、弁済が完了されるまでに不足などがなかった場合については、名義のみを貸しているのと変わりありませんので、問題もなく契約は解除されるようになっています。

これについては、連帯債務者も同じような仕組みですが、保証人ではなく債務者なので、複数で同時に申し込んだとしても契約者になる事が可能です。連帯になっている人については、あくまでも個人であり、1名を指して代替の支払者であるだけです。これが、大きな相違点なので注意してください。

また連帯債務についてですが、全ての債務の責任者ではないので、保証を絶対にしないといけないと定まっている訳でもありません。例えば、本契約者が途中で契約を破棄しようとされている際には説得も出来ますし、支払について不履行であった場合についても債権者のように対応する事も可能となっているのです。

これらについては、抗弁権と言う形でまとめられており、契約者の1人としての権利が約束されている点で大きな違いがあります。また、この抗弁権を行使しつつで支払を継続していくという対応も可能になっています。支払いに応じるかで選択の余地がある点も連帯債務の特徴です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ