ローンカードは発行・未発行を決められるようになっている

ローンカードについては、通常の借金とは別とされている事もありますが、今では同じものとして統一されています。過去においては、ローンカードを複数の業者で利用されていたので、差異があり区別されていた時代がありました。

例えば、通常の借金では銀行やサラリーマン金融が一般的な借入先となっていますが、他にも同じサービスであれば信用組合などの組織や、もしくは信用金庫などの小口で融資を行っている借入先も存在します。

また、どうしてローンをするだけなのにカードが必要なのかと言うと、そのようにしないと店舗ATMから引き出しが出来なかったり、もしくは入金が出来ないようになっていた時代の名残でもあるのです。現代では、ネットバンキングサービスというものがあるので、入金・支払については随時でネットからで利用が出来るようになっています。

なので、現代ではカードローンとなっていても、カードは未発行のままと言う契約も存在しているのです。例えば、WEB完結型のカードローンとされているものについては、そのようなタイプの借金に該当します。

現代では銀行やサラリーマン金融であれば、大手で特に対応しているタイプの借金を行うスタイルなので、老若男女に関わらず利用されているスタイルです。また、借入においては過去も現代も使用用途については契約者の自由となっているので、ショッピングだけでなく生活費に回すような形での利用についても問題はありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ