ローン契約は弁済が可能な場合に契約が出来る

借金と言うのは未成年では不可能です。未成年の場合、弁済の能力が不足していると言う点でどのような金融業者であっても借金は認めていません。可能なケースもありますが、条件付きの審査となり、実際の審査とは別物の審査を通過しないといけません。

また、借入の相談を銀行などでした場合、「ローン契約の際には弁済が可能か審査させて頂きます」と連絡される事もあります。弁済とは、実際に支払能力が収入や担保上で存在するのかと言う意味で使われています。

支払能力については定収入があるかを確認し、そして担保については最初に定めた担保を用意できるかどうかを確認します。支払能力については、カードローンでは厳しい規定のようなものは基本的にありません。と言うのも、カードローンには総量規制と言うものも規制として存在しているからです。

例えば、年収が300万円の人であった場合には、100万円までしかカードローンが出来ないようになっていると言うのが総量規制です。年収の3分の1までで借りられる金額が定まっているのですが、問題は総量規制までであれば絶対に借りられると定まっている訳ではないという点でしょう。

つまり、ローン契約によっては差異も生じるようになっているので、人によっては契約で借りられる金額が大きく違ってくるケースもあり、カードローンについては年収だけでなくローン種類についても知っておかないと、借入については知識不足となってくるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ