ローン手数料はローン金利の事ではありません

ローン金利は、予め定められている規制内で利率が決まるようになっています。銀行では14.0%前後となっており、サラリーマン金融では18.0%前後で定まっている事が多いでしょう。ただ、規制では20%以内であれば金利については自由です。

その為、銀行やサラリーマン金融によってはプラスで0.5%されているといった利率もあったりします。また、ローン金利だけでなく金融商品によってはローン手数料と言うものもあるので注意しないといけません。例えば、手数料については不動産物件などの高額な商品や、もしくはプラン変更による金利変動で発生します。

わかりやすくまとめると、ローンについては大型のローンか、もしくは金利の変動が生じた場合には、詳細の計算や案内をしないといけない手間がかかるようになっているのです。

その手間については、お客様特有の手間となるので銀行などで予め用意できる対応でもなかったりします。なので、利率がある中で手数料もあるようになっているのです。手数料については、金利とは違っていて固定の料金で定まっているケースが多いでしょう。

具体的なものでは、簡単なサービス程度であれば数千円とかかりませんし、計算書類をまとめあげる程度でも同じような金額で済むように、手数料についても工夫がされていたりします。保証手数料と言うものもありますが、こちらについては銀行側のサービスの手数料とは別となっており別料金が利用の都度で発生するようになっているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ