個人向け小口融資などではローン保証料がかかる

ローンにはローン保証料もあり、具体的なものではカードによる借入がそうです。カードによる借入と言うと、カードローンの契約時に手数料無料で、且つ保証人不要となっているのが最大の魅力であり特徴となっています。しかし、手数料ではなく保証料はかかるので注意しないといけません。

例えば、50万円以上のカードローンなど通常では利用不可のサービスで料金が発生します。カードによる借入は、定まった保証会社のみで常に運営がされている訳ではないからです。カードによる借入の利用者は、人によっては40万円ほど利用されていても未だ借入可能額については不足していると感じる人もいるでしょう。

年収が多い人、もしくは担保などをさらに付けられるような人などが該当となりますが、このようなケースでは個人の対応で借入可能額を増減させるのは困難となるので、対応してくれる業者についても変えるようになっています。

つまり、契約会社Aで保証会社Aとなっている状態を会社Bとするのです。会社Bについては、さらに厳しい審査を行い、借入可能額についても増額となります。

銀行などのカードローンでは、ローンの金額によっては「審査時間に違いが御座います」と案内されているものもありますが、ローンによっては保証会社が異なってくるので、審査時間についても差異が生じているだけなのです。また、このようなケースのメリットは保証人については不要となっている点でしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ