ATM返済は返済する場所によって名称が違う

ローン返済については、ATM返済が可能です。また、銀行でキャッシングされている場合にはATMからの支払いと言うのは当然のように感じますが、現代では銀行などで設置された物のみを活用する訳ではありません。

他にも、スーパーやコンビニなどで既に設置されている他行のATMも、対応可能なので、今では注目されている便利なサービスであるといえるでしょう。
また、このATM返済については手数料の有り無しが決められてもいるので、カードローンの際には手数料についてのページを参考とするとわかりやすいです。

ただ、あくまでも銀行以外の物を利用した場合の金額となっているので、「100~300円」と言う風に手数料についても定まっているいて、1,000円以上といった高額のサービスについては対応していません。先ほどの手数料に消費税を合わせたもので計算が行われるようになっているので、計算そのものは複雑でもないでしょう。

なので、コンビニ利用でカードローンの借入について支払いした場合、1万円以内で返済をすると最低のサービス料金がかかってくるので、108円の手数料がかかります。また、コンビニでもそうですが、カードローンなのでカードがなくてはいけません。

クレジットカードなどの支払いについても対応しているのですが、ローンについてはまとめられた状態で返済をしますので、利用した商品によって支払いをするだけで良く、誰でも明瞭に返済が出来るでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ