個人信用情報機関で特に利用されているJICC

現代においてカード利用の借金と言うのは、ローン契約の審査において問題がない契約者として認められた場合を言います。過去においては、カード利用の借金をしたとしても返済が可能かどうかを、個別で審査するような時代もあったのですが、現代ではそのような対応については、ローカルの金融業者以外では行っていません。

また、ローン審査については特にブラックの審査で利用されるケースが多いでしょう。
ブラックと言うのは、正式な名称として定まっている訳ではありませんが、カードローンやクレジットカードなどのローン会社では用語として使われている名称です。

ブラックとして登録されてしまったローン契約者については、それから先ではブラックである記録が解除されるまで、新規契約についても組めなくなります。また、ブラックなどの扱いについても専門的にJICCでは取り扱いをされていたりします。

JICCは、正式には日本信用情報機構として知られている機関です。個人のカード記録については、2006年に法改正があった際に規定された法律の中で、信用情報機関と言うものの存在も確立しました。

現代においては、この機関に加盟した状態で運営をする必要もあるので、特にJICCなどの有名な機関に加盟していない銀行もないでしょう。その為、契約での審査においてトラブルがある個人などはブラックと定めているわけなのですが、この情報については機関に対して登録がされるようにもなっているので、管理をする側についても信用情報機関となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ