投資信託は営業信託による継続的な利益が重要

今では、一般のトレーダーでもわかりやすいように、様々な投資のスタイルをトレードではまとめてくれています。なので、信託会社に出向くか電話などで信託の依頼をする場合には、トレードのみでも伝わるようになっているでしょう。

ですが、一般の利用者が業者を通じて利用しているものは、本来は営業信託とされるスタイルとなっています。営業とありますが、営業を行うのは依頼を受けている側となりますので、業者が実際に動いている状態で取引が行われます。

なので、業者が営業信託をする方となっており、最初の指示出しや相談を持ちかける側が利用者です。営業を行う訳ですが、その内容についてはトレードで定まっている通りで、取引をどのような形で行うかを設定していきます。

なので、人によっては短期間で集中して営業を投資と言う形で行う訳ですが、人によっては1年や2年などの長期で投資を行っていくケースも存在します。

投資については、短期間でも長期間でも基本的な手数料については同じとなっています。わかりやすくまとめると、手数料のみ考えるのであれば短期間で投資をするのが一番となるのですが、短期間では儲けも少ないために営業信託を行える信託会社を利用する訳です。

このように投資信託とは、必ずしも儲かる訳ではないものなので、可能性の高い業者に任せ、自分の希望する利益を上げるという行為なのです。そのため、業者によっては取り扱っている投資の種類についても差異が生じるようになっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ