信託には契約者以外でも利益が発生する家族信託もある

トレードについては、通常では契約を結んでいる個人に代わって業者が運用をするシステムです。これについては、運用に関するものでは基本的にどのような種類であっても変わらないので、一般的なトレードの株式投資であっても同じとなっている特徴が見受けられます。

FXのような取引であっても同じようなシステムが採用されています。つまり、契約者と業者の間には他に関係している個人や業者は存在しないのです。
しかし、トレードそのものを別の業者へと変更された場合、もしくは最初からそれ以外の委託で契約をされた場合には話は別となります。

その委託は家族信託と言う投資のスタイルです。従来の投資については、利益を上げることを前提として利用がされているものなのですが、こちらについては安定志向で利用される事の多いトレードとなっています。その理由は、契約者だけでなく家族にまで影響を与えるような投資信託となっているからです。

家族信託は、改正信託法により利用可能になりました。また、通常との違いは、家族にもその信託を継承できる点にあるでしょう。主に有価証券と言った資産などで運用されるようになっており、残された遺族に対して、財産と言う形で家族信託は提供されるようになっています。

その為、生存配偶者と言った遺族については、どのような形でその信託を受け取るのかを選択できるようにもなっており、また、遺産でもあるので、分配についても対応が可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ