業者が定まった方向で運営を行う場合が管理型信託業務

似たような名称に管理型信託会社と言うものがありますが、こちらは管理を受けている状態で投資信託をされている場合を表しています。なので、管理型信託業務とは別物です。このような業務を行っている場合、取り扱われる物については証券などの取引で利用される物品となります。

管理型の会社は、あくまでも管理しているのは会社に対してとなっている訳です。
また、トレードでは一般的とされる投資のスタイルではないので注意しないといけません。と言うのも、管理型信託業務については業者側がどのような方向で運用をしていくかを決められるからです。

例えば、Aと言う証券のみを使って運用をしていって欲しいというケースについては、このような信託業務では認められないようになっています。と言うのも、それで不利益が出てしまった場合には、委任者と業者で損益が発生しているからです。

投資信託については、利益を発生させると言う目的で委任者と業者が繋がっています。なので、業者が対応をして信託業務をする場合には利益前提の状態で、有価証券などについては売却といった処分もされるようになっているのです。また、委任者については取引の最初の取り決めまでは出来るようになっています。

つまり、取引開始と終了についての指示は出せるのですが、定められた期間については業者に委託をしている状態となるのです。このように委任者の立場が、かなり制限されるような取引も存在します。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ