株式証券は管理有価証券信託に該当となる

一般的な投資と言うのは、券を発行する形で行われるものを言っていますが、券と言うのは文字通りで紙面を発行する事により、金銭を証券に変えているのを保証していますので、多くの券については生活においては不要ともなるので、発行されると困ると言う状況になってしまうでしょう。

その為、管理については委託すると言う形で運用をするわけですが、これらについて業者が対応している状態を投資信託と言います。
但し、あくまでも投資全体の事を投資信託として定めているだけです。なので、株式投資などは正確には管理有価証券信託として名称が定められています。

何故、有価証券を管理する形で信託をするのかというと、そのようにしないと業者側についても運用が行いづらいからです。業者側は、そのように発行されている券を利用できるので、問題なく運営が出来ると言う訳なのですが、運用については失敗をすると大きな損益を出す可能性もあります。

なので、予め委任者の方で券の発行としておき、その後に委託を取るような形を投資のスタイルとして定めているのです。また、こちらについては顧客が保有している証券であれば問題がないようにもなっています。例えば、前述した有価証券(株式)だけでなく債権についても信託されるものの1つです。

委任者は、このような取引の種類の中から好きなものを選択できると言う自由度で取引をしていくわけです。また、券の発行から業者に委託するような取引についても存在しますが、そちらは管理有価証券信託とは別の信託として定められています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ