信託会社は兼業業務として投資信託をしている場合もある

信託会社が資産の運用において運営をする場合には、兼業業務と言う投資のスタイルで対応をする場合もあります。具体例では、運用を証券だけでする場合もあれば日本以外の証券取引を行えるケースもあると言う事です。

実際に信託会社の利用においては、証券・債権・外国の証券の3種類で運用を希望する委任者が多いとなっていますので、それに合わせて業者側も運営を変更していったと言う歴史があるのです。

また、兼業業務についてはデメリットもあります。それは、複数の運用が可能なのですが外国に関する運用については、内容によっては反映が遅くなっているものもあると言う事です。

投資においては、このような投資の正確性を約定力として表現しているのですが、一般の利用者についてはわかりづらい内容となので、兼業で業務を行っている業者については、対応力が問われる部分でもあったりするのです。但し、現代ではサーバーなどが高性能化しているのでタイムラグも減りつつあるでしょう。

次に、兼業で業務を行っている業者はどのような設定で取引が出来るのかについても、委任者が理解していないといけない面倒があります。前述した3種類の投資信託についても、同じような利益が発生する仕組みではなく、中には投機に近いものが含まれている可能性もありますし、国際事情によっては利用が難しくなるような証券まであるのです。

また、これらの情報については独自で理解をしていないといけないケースもあれば、業者側から提供されるようになっているケースもあるので、業者の取引対応についてもよく知られていないといけないケースもあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ