投資信託においては保証ではなく限定責任信託となる

財産の運用をする場合、投資初心者が誤認してしまう部分に保証があります。保証というのは、正確には財産の運用では発生しないようになっているので、注意しないといけません。その理由は、限定責任信託で取引が開始するようになっているからです。

限定でしか責任が発生しない信託について言っているので、もし大きな損益が出てしまったという場合については、個人でその後の対応をしないといけなかったりもします。
但し、基本的には業者で投資の危険性は案内がされるようになっています。

投資については株式投資だけでなく、先物取引などであっても投資と言うのは投機の危険性がある旨を連絡し、それに対して委託者は理解出来たという事を業者側に伝えないといけません。実際に、契約においては危険性に対しての理解について、契約書などの紙面でもサインが必要となる場面もあるでしょう。

また、このような運用には改正信託法で新設されています。どのようにして保証をするのかというと、受託者の責任について信託財産で限定とする信託を言っています。つまり、受託している財産分までで運用が定められているので、正確には保証だけでなく、最初から定まった金銭や等価の物品まででしか運営が行えないようになっているのです。

運用については、損益を定めた状態で投資できるものもありますが、そちらについては負債が発生しても運営が行われるようになっている点で、限定責任信託とは別ものの運営スタイルになっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ