公益信託は利益を公益にしている点で他とは違っている

財産の運用でもそうですが、利益については篤志家とされている個人や企業からの益もありえます。最初に、自分のために利益を獲得していく場合には財産運用が前提となりますが、公益信託と言う信託も用意されているので、もし、そのような投資について対応していく場合には、公での益を前提とした取引をする流れになります。

また、公やけに対しての益が発生する理由については、公で益が発生する財産運用として営業がされているからです。一般的な営業については、どうしても投資の仕組み上で公的なものではなく、業者側が提供している運営サービスや、もしくは証券取引と言った利益獲得のサービスを利用となってしまうでしょう。

これでは公やけに対しての益とはならないので、財産を委託者から公益信託として受託した場合については、公の益とするための計画などで営業がスタートするようになっているのです。また、利益が発生するしないについて委託者との関係は通常の関係より小さいです。

公益信託は、篤志家とされている社会奉仕を前提としている個人や企業などで行われています。つまり、一般の投資のように儲けが出ないと損失として計上されてしまったり、もしくは業者の不信に繋がったりするものでもありません。

また、公益については自由度が高いものではなく、場合によっては公益目的事業と言った計画性の強い公益に対して利用される場合が多いのです。このように定められた公益に対して、預かった金銭を活用する点が投資信託との大きな違いとなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ