後見として利用できる信託が後見制度支援信託

資産の運用というのは何もトレードでなければいけないとはなっていません。なので、他の運用を意識した信託管理と言う方法も存在します。その際の後見とは、後見制度を主に言っているのですが、その対象は成年後見人や未成年後見人となっています。

つまり、それらの人々が財産などを分与される形で受け取りが可能であった場合など、本人が所持していたものとは別の現金や証券と言った財産をそのまま営業において運用できる制度なのです。

この制度には、似たような名称のものも多いのですが、財産運用においては後見制度支援信託が正式な名称として利用されています。また、このような指示については勝手に決めて良いものではなく、指示については家庭裁判所が主だった部分を決定づけるようになっているので、委託者や業者は家庭裁判所の指示に基づいて営業部分の管理をするのです。

実際に運営をするのは依頼された業者となっており、委託者については財産に当たる部分を契約上で設定する流れとなっています。また、資産なので有価証券だけでなく、それ以外に資産があった場合についても対応がされるようになっています。

例えば、現金だけでなく預貯金がそういえるでしょう。こちらについても自由に利用が出来るようになっていない状態で、管理については業者で一存とするような後見制度支援信託もあります。後見人については、委託者と信託会社からの対応を受ける側として、資産については受取人としての扱いを受ける恰好となります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ