自益信託と他益信託では配当者が違ってくる

信託とは自分の持っている財産を誰かに委託して運用してもらうことであり、財産は自分のもののままにして、委託者がその依頼内容に従って運用していく形です。財産にはお金の他に不動産屋や有価証券なども含まれています。その運用で得られた利益は委託者が受け取る場合と受け取らない場合があるのです。

自益信託という形の場合には、例えば不動産を持っている地主が自分の息子にその不動産物件の管理を任せ、その管理で生まれる利益は地主が受け取るようになります。依頼者が配当を受け取るような形とも言えます。

もう一つは多益信託という形であり、地主がその不動産物件の管理を息子に任せて、その運用で得られる利益は、娘や妻などが受け取るような場合です。依頼者が利益を受け取らないような形になるでしょう。

信託では資産を所有する委託者と、その資産の運用を任された受託者と、配当利益を受け取る受益者という3者が登場し、それぞれが関わって成り立ち、自益信託では、委託者は受益者であり、1人2役になります。また現実には無い話ですが、1人でこの全てになる1人3役の場合も理論上は成り立つのです。

実際の財産運用では自益と他益の信託を混ぜて活用することが多く、まずは自益信託で誰かに財産管理を任せ、利益を受け取り、その後委託者が死亡したら、その相続する立場にある人を受益者として、財産運用を行っていくというような方法があります。このように柔軟に利益を受け取る人を切り替えていけるのも特徴の一つなのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ