資産運用型信託で資産運用を信託会社に任せる

信託では自分の財産を個人に依頼することも可能ですが、信託銀行などに任せる方がノウハウなどを持っており、利益も出やすく、そのような形を資産運用型信託といいます。これは依頼された側が自らの意志によって、資産を運用していきます。依頼できるのは、金銭の他に年金や有価証券などがあります。

信託銀行は銀行の一種ではありますが、信託業務を主に行っており、その業務に特化して専門性があり、沢山の資産が集まるので、その分利益も出しやすくなっています。また運用によって出た利益は依頼主に還元されることになります。金銭の他にも不動産などの管理運用も行うところがあり、依頼主の支持にしたがって運用されます。

資産を預かって運用していくのが信託銀行であり、その銀行が破綻した場合でも、預かっている資産は保護されるので、通常の銀行の貯金封鎖のような資産が消えてしまうという事態は起きません。資産の管理や運用には手数料は掛かってきますが、財産の管理が難しいという方にはとても利用しやすいものでしょう。

ただしノウハウなどがあり、専門性があるので利益は出やすいですが、必ずしも利益になるとは限らず、その運営が軌道にのるのに時間がかかる場合もあります。

特に金銭などを投資で任せる場合には、リスクが伴い、損益になる可能性も出てくることを考慮しなければなりません。損益が出てもその金額を信託銀行は保証してくれないので、それも考えておかなければならないでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ