資産管理型信託で不動産の管理を管理会社に任せる

信託では金銭や証券を扱うことも出来ますが、同じように不動産も信託会社に任せて運用してもらうことが出来ます。このような誰かに資産を任せる方法を資産管理型信託といい、多くの場合がこの方法で信託が行われます。不動産も運用してもらうことが可能であり、物件の所有者は利益のみを享受出来ます。

物件所有者が高齢者で自分が運用できない、自分一人では忙しくて管理まで手が回らないなどの場合に、委託会社に任せられるというメリットがあり、テナントの募集や不動産の設備などの管理もすべて委託先に任せられます。

また物件所有者が不動産に関する知識が無くても、管理を任せて自分は利益を受け取れるというメリットもあります。委託する場合には、法人でも個人でも可能であり、小規模な不動産でも構いません。

不動産物件の保守のみならず、入居者との契約や事務手続きの全て、空き室の管理や入居者のトラブル対応、建物の破損部分の修繕など、不動産の管理に関わる全てを任せることが出来ます。ただし信託するなら、依頼する会社には当然ながら、契約期間中は毎月報酬を払わなければなりません。

信託依頼するなら相手側の会社と契約を結びます。特にいつから運用を任せて、いつまで依頼するのか、その契約終了後はどうするかなどの事細かなことを決めなければなりません。物件は委託会社が運用していくことになりますが、その所有権は契約後も依頼主にあり、権利自体は移り変わることはありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ