資産流動化型信託で企業が資金調達をする方法

企業運営を行っていくにあたっては、一番の問題となるのは資金をどのように確保していくかということです。特に新規に事業を始めるなら、新たな資金は必要であり、銀行に融資を求めても断られる場合もあり、このままでは新規事業の立ち上げも出来なくなります。そのような時に利用できるのが資産流動化型信託です。

一つの方法として、金銭債権を信託するという方法があります。これはその会社が持っている金銭債権を、信託会社に預けて、その債権の受益権売ります。売る先は投資家であり、その売却によって得た利益を委託元である会社に支払います。この方法によって、企業は素早く資金調達が可能となるのです。

もう一つの方法としては不動産を委託する方法があります。これは法律に基づいて特手目的信託や特別目的会社というものを設立して、その会社で証券などを発行して、資金を調達する方法です。証券なら運用で利益を出すノウハウを持っている信託会社に依頼すれば、運用益で資金調達をすることが可能になるのです。

企業は資金繰りに困ってしまえば倒産しかねない状況になってしまいます。事業を拡大するときにも新たな資金は必要になってきるので、そのようなときに資産流動化型信託を利用すれば、一定資金を調達する目安が出来、企業運営計画も速やかに立てることが可能になってくるのです。

ただしどちらの場合の方法でも信託会社には運用を任せるのですから一定の報酬を支払うことは必要になってきます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ