受益者代理人と受益者代理人で信託の利益を確保する

信託において一番の問題となるのは財産運用を任せる受託者を誰にするかということです。財産を預かって運用管理していかねばならない立場にある受託者を適当に選ぶと大変であり、最悪の場合まったく管理運用していなければ、信託が機能しなくなってしまいます。これでは利益を得る立場の受益者の利益が確保出来ません。

そこでしっかりと運用しているかみるために信託監督人を作っておけば、これに指定された者が受託者は適正に管理運用しているか、見張って監視していてくれます。受託者が高齢だったり、認知症で、監視できる立場になかったり、という時には、このように監督人を立てておけば、その人が代理で財産を監督してくれるのです。

また受託者自身が高齢である、認知症などの障害を持っているなどの理由で、自分では受益権を主張するのが難しいという場合には、受益者代理人を選んでおくと良いです。この人が代理で権利を主張してくれるので、信託財産を横領されたりする心配がなくなります。

また、不正などがあったときに、裁判などの行為を行う権利も与えられています。
上記のどちらの場合も受益者自身が機能するのが難しい時に代理として選任して、代わりにその役目を担ってもらうシステムですが、信託ではこの他にも役目を補佐する制度はいくつもあります。

信託というのは、委託者や受託者や受益者の3者のみならず、これらの機能や権利を補完する脇役のような立場の人達がいてこそ成り立つ場合も多いのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ