信託監督人を任命して信託の財産管理を監督する

信託を行うときには財産を委託する委託者が、委託された立場にある受託者に任せて財産の管理や処分を行っていくことになります。財産自体は受託者が所有する形とはなりますが、好き勝手にそれを取り扱うことは出来ず、受益者の利益になるように公正な判断のもとに管理と処分を行っていかなければなりません。

受託者には、善良にそして忠実に管理しなければならない、公平に信託を行う、帳簿を作成して1年に1回受益者に報告しなければならないなどの決まりがあり、公平で正確に財産管理が行われるよう定められています。

しかしながら法律で定められていても、本当に公平に行われているのか、監視する立場にある人がいなければ実際のところはわかりません。実際に信頼できる人に信託を任せても完全に公正に運用されるかはわからないものです。そこでそれを監視する監督人を委託者は任命することが出来ます。

特に委託する側の人間が高齢者であったり、痴呆などの障害があって十分に自分で判断して監視するのが難しかったりする場合には、信託監督人を任命します。任命された者は受託者を監視する立場にあり、誰か信頼できる人に任せる、または司法書士などの専門知識のある人に任せるなどの方法があります。

監督人に選任された人は、責任をもって財産管理を監督していくことになるのです。ただし適任ではないと判断されれば途中で監督人を辞めさせることも出来ますし、委託者にも同じように財産運用を監視する権利はあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ