信託管理人が信託保全によって信託状況を監視する

FXを行うときには、通常はどこかのFX会社を利用することになり、そこに口座を開設して、その口座に取引資金を入金して初めて、通貨の売買が出来るようになります。しかし、FX会社も一介の企業にすぎないので、資金が思うように集まらない、顧客の流出や口座の金が大幅に引き出されてしまった場合などに倒産する可能性もあるのです。

倒産してしまえば、顧客の口座の財産も無くなり、投資家は大損することになってしまいます。しかしそれでは困るので多くのFX会社では信託保全という仕組みを導入しており、これは、口座の顧客の運用資金を保証する仕組みであり、FX会社は自分の会社の資金と投資家の資金を分別して信託銀行で管理します。

そして信託状況を信託管理人が監視して、万が一に倒産してしまった場合でも、預けていた投資家の資産は信託銀行で確保される仕組みになっています。これにより倒産しても投資家の口座の資金が失われるのを防ぐことが出来、信託先は三井住友やみずほ銀行など、FX会社によって異なっているのです。

ただし顧客から預かる資金の全額が対象にしているところと、一部だけが信託保全になっているところがあり、実際に利用する前に投資家は調べて判断しなければなりません。

またその保全金額も口座の証拠金そのものか、または、損益やスワップや手数料も加わってくるのかで、実際に保証される金額も違ってきます。安全性で言えばスワップや損益などが加わって計算されていた方が安全ではあるとは言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ