信託業法により扱える商品が大きく様変わりした

信託業と信託業法は似ているようで違います。信託業というのは、これを行う上で守らなければいけないルールです。例えば、利益についての保護についても理解し、営業をしないといけないというようになっています。このため、業者によって余りにも投資内容が違うという事もないのです。

しかし、これに関する業法については実際の投資の幅についての法となっています。
信託業では、実際の運営についてとなるので、似ているようでまったく別の法に触れている訳です。そして、これに関する法となっているので定められているものは、実際に取り扱う事になる商品についてとなっています。

信託業法は、今までは受託される事のなかった金銭以外に定められており、具体的な物では特許権や著作権に関して定めている法となっているのです。
つまり、本来であれば個人の資産となるはずの特許権や著作権についても、投資において信託を受けて営業をされても問題がないようになったと言う訳です。

また、この法については長い期間をもってようやく成立したものです。1922年に法として定まったものが、82年という歳月を経て全面改正されたものがこれに関する法となっています。

2004年に改正されたのですが、正式な名称についても改正信託業法となっており、今では投資において標準になっている法でもあります。この法についても、投資においては先に案内があり投資に利用するかどうかを決められるようになっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ