信託契約代理店の利用でも信託に関する営業は可能

一般的な投資は信託会社に委託をする形となっています。契約者となる利用者については、これに対して委託の契約を結び金銭や物品を預ける形で営業開始となるのです。営業と言うのは、実際に預けられた資産を増やすために営業をする事です。

なので、営業と言っても実際に個人や法人に対して資産を売りつけたり、二次的に資産運用をしたりすると言うものでもありません。また、投資については信託会社だけで営業をしないといけない訳でもありません。

例えば、信託契約とされるものが先ほどの契約者を獲得する手段となっているのですが、こちらの運営については別会社でサポートをすると言うのも可能となっているのです。また、そのようなサポートをされている会社は信託契約代理店として定められていないといけないので、保険でもそうですが契約についてはこれの代理店と言うものが存在します。

保険会社の代理店との大きな違いについては、信託会社では締結を代わりに行うだけでなく媒介となる営業もされている点が大きな違いとなっています。例えば、信託会社の場合は広告などを出すだけの代理店も存在しますし、実際の運営についてはそれに任せる形の運営もありえるのです。

なので、信託契約代理店の殆どは本来の業務の一部のみでサポートをされていて、実際の運営についてはサポートされていないケースが保険の代理店との違いとなってきます。また、どの程度のサポートをするのかについても代理店の規定では定まっていません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ