投資は金融機関の場合には信託兼営金融機関で行う

信託業と言うと、その名の通り信託会社のみで取り扱っていると判断する事も可能です。ですが、信託兼営金融機関と言うものもあるので、それ以外でも投資などに関して行われているのです。金融機関については、そのまま従来の金融機関として免許を取得しているもので判断をしても問題ありません。

つまり、都市銀行や地方銀行などで行われているものもあると言う訳です。
また、信託兼営金融機関を利用するメリットについては次のようになっています。まず、信託業については正確にはどのような商品を取り扱うのかについては定まっていません。

なので、Aの会社では株式投資となっていても、Bの会社では先物取引となっていたりもします。このように取り扱う種類が細かい場合や定まっていない場合には、投資の初心者にとっては余りありがたいものでないケースも混じってきます。

そこで金融機関を利用するわけですが、これについては商品に大きな差異が生じる事もないように配慮されています。また、信託会社と信託兼営金融機関の大きな違いについては、これだけではなく運営の年数についても大きな違いがあります。

例えば、国債などについても利用が可能となっているので、1年~5年のような形式で運営をされているのが特徴でもあるのです。一般的な投資については、即日~3ヶ月間程度のものが特に利用されていたりしますので、長期の取引においては金融機関のみ利用をされている人も存在します。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ