信託行為では利益獲得だけでなく利益配分も行われる

信託と言うと、決められた資産で運用がされているのですが、どのような方法で行っていくかについては、契約者の方でも定めておく事が出来るようになっています。信託会社では、それを信託行為と定めているのですが、従来の取引については信託契約となっています。

これを契約者と結んでいる状態では、預けられている資産を投資にて利用する事が出来るようになります。先ほどのものが標準的な資産運用になります。ですが、他にも遺言のような形式で信託をすると言う事も可能になっているのです。

どのような違いがあるのかというと、遺言でそれをされている場合には、長期において運用をするのを認めておきます。そして、1つの資産として家族や定められた人物や組織に、遺産として分配がされるようになる点で、標準的な資産運用とは違いがあるのです。また、どのような方法でするのかについても定める事が出来るようになっています。

遺言において、長期投資を主に利用される理由ですが、途中から自己信託などに切り替えるケースもあるので、そのような方法で運用がされています。また、自己信託については業者に依頼はしているのですが、どのようにして動かしていくかについて大まかに決められると言う特徴があるのです。

例えば、遺言のために運用して頂きたい資産があった場合で、かつ早い段階で成功となった場合には、余剰についてはそのような形式で運用するよう命じるケースもあると言う事です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ