信託を依頼する側には信託受益権が用意されている

信託などの資産運用については、どの程度まで資産が動かされていくのかが不明というデメリットがあります。しかし、そのような行い方については差止め要求についても依頼側が出来るようになっているので、今では信託受益権として定められていたりもします。

受益については、依頼している側なので契約者で発生していると理解しておくと、理解についても複雑ではなくなります。受益権と言うのは、受益者となっているものの権利なので、実際に契約を結ばれている個人や団体に対して発生している権利です。

受益とありますが、必ずしも資産運用においては受益があるわけでもないので注意しなければいけません。例えば、信託会社が契約の当初で定めていたものと別の投資で、資産運用をされると言うケースも存在するからです。また、このようなケースでも前述した信託受益権は有効となります。

例えば、受託者となっている信託会社に対して帳簿閲覧の請求を行う事が出来ます。帳簿を見られると、どのようにして動かされているのかがわかりますので、ごまかしが効かなくなりますし、それだけ資産運用についても正確性が約束されるようになるのです。

また、利益を受ける為に資産運用をされている訳なので、投機的なリスクをもってしていた場合については、信託違反行為で指摘を行い運用について差止める権利が信託受益権に含まれてもいます。投資は、安心確実に資産運用をする上で権利についての理解も必要となるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ