信託宣言があるので個人の取引についても可能になっている

今では珍しくもありませんが、会社を通じて信託をするのは法律で定められているだけで、会社を通じて受託者ではなく委託者が取引をするのも自由となっています。受託者と言うのは信託を受ける側なので信託会社の事です。委託者については、それを委ねている側なので契約者となります。

また、このように会社からはサポートを受けて取引をする事を、信託宣言と言うのですが宣言については必要でもなかったりします。過去において、日本では馴染みのない運用方法であったので、宣言と言う表現が取り入られています。

しかし、今では欧米で行われている個人の資産運用から資産運用で個人が行えるものを学び、現在では改正信託法によって新設されている方であったりもします。現代では、断ってから運用をしないといけないケースも徐々にではありますが減っています。なので、資産運用において取引をする際には契約を結んでおくだけでも可能なのです。

具体的な運用方法では、株式投資とFX取引があります。これらについては、クレジットカードなどで利用契約をするのですが、それ以降については会社の方で用意されている商品を購入することで投資が可能となります。

つまり、仲介をする存在として手数料を取るだけとなっているのが信託宣言の特徴なのです。今では、完全システム化についてもされている会社も多く、契約以外では信託会社からの連絡が入らない自由度の高い取引についても用意がされています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ