信託に関する相談は信託相談所でまとめられている

信託などの相談については、信託相談所でまとめて行えるようになっています。また、投資をされる上で利用をするものではなく、投資をされた後やされる前に疑問や問題が発生している場合に利用できる相談所となっています。

相談と言うと、実際にアドバイスを受けると言う意味合いが強いものなのですが、この信託についての相談所ではそのような定義などもなかったりします。例えば、信託に関する照会のみを行っているところもあるのです。

どのような人が相談を行えるのかというと、例えば信託兼営金融機関や信託会社を利用している人が利用可能となっています。金融機関については、都市銀行などの銀行を主に言っているので、信託会社で標準とされている会社以外を利用している場合には、このような相談所についても利用可能と判断して問題ありません。

また、相談所の存在理由ですがサービスの改善を第一として正確な利用者の声を募るのが目的です。なので、利用者の多くはトラブル等が発生した際の報告を行う場所として利用されているケースが多いのです。その他では、クレームだけでなく要望についても相談所に行えるようになっています。

近年では、長期投資についての相談など本来では存在しない資産運用についてで、相談が持ち込まれていたりするのですが対応をするかどうかについては定かではなかったりします。あくまでも利用者の声をまとめあげているだけなのが、このような相談所の特徴であったりもするのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ