今と昔では特に信託法の面で大きく変化している

今では、1つの信託会社で多様な取引が出来るのは珍しくもありませんが、このような取引については信託法が存在しているので可能となっています。過去では、このような法律が存在しておらず、信託会社では定まった投資手段のみで受託をすると言う営業を行っていたのです。

つまり、複数の資産運用を1つの会社でまとめて行えるかどうかについては、実際に利用をされてみるまでは正確にはわからない場合が多かったのです。しかし、2007年に施行された信託法によって、次のような点で大きな変化が見られるようになりました。

まず、受託者の義務などの内容については適切な要件の下で合理化しないといけないと定まっています。これについては過度な営業などを行ってはいけないと言う事を定めているものなのですが、他にも合理化をしていく為に委託者が利用しやすい環境を用意すると言うのも必要となってきます。

委託者と言うのは実際に信託会社で契約をしている側の相手の事です。
次に、受益者の権利行使の実効性や機動性を高めるために規律を整備しておかないといけない、と言うようにも定まっているのが新しい法の特徴です。

また、規律の整備と言うのは利用者が利用する際に、契約などをわかりやすく定める事などを言っているので、契約の際に不要な手数料などがかからないでシステムが利用出来るようになっているのも、新しい法に則って運営がされているためであったりするのです。更に多様な投資についても、信託法では対応している状態を好ましいと定めています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ