委任される者は善管注意義務を守らなければいけない

信託会社に投資依頼をされた場合、会社との付き合いを個人や団体が行っている状態となります。ですが、実際に担当者とされる方が依頼を受けている状態となるので、運用については会社からの指示があるものの、実際は担当者が運用をしている状態となるのです。それもあるので、善管注意義務と言うものが定められています。

善管注意と言うのは、資産運用に対しての取り決めなのですが、ルールなどを定めて運用する事を言っています。例えば、利益については高く利益が出れば良いという訳ではなかったりします。

場合によっては、投機的リスクを背負わされるものもありますので、担当者については投機的な部分については伝達の義務があったりもするのです。なので、実際に投資をされる前に依頼者と相談をした上でしないといけません。投資については、このようにして公然性が保たれるようになっているのです。

もし、善管注意義務がないとどのようになってしまうのかと言うと、それは勝手に投資をされてしまう分だけハイリスクハイリターンとなります。また、それだけであればいいのですが、連絡などが入らない場合については精神的な負荷についても避けられないケースがあるでしょう。

投資と言うのは、1分1秒で投資が出来るわけではありませんので、場合によっては発生してしまったリスク分を利益で元に戻すために、更に投資をしないといけないケースまであります。これらについては、担当者から正確にアドバイスを受ける必要もあるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ