受益者を守るために損失てん補責任等が用意されている

実際に投資信託をされてみると、投資においては保証が存在しないとなっています。つまり、利益や損失については担当となる受託者によってで結果が違ってくるのです。これについては、投資においては最初に了承を求められるものとして今では知られています。

文面だけでなく、口述においても担当者から委託者に伝達されるようになっているので、その際にサインをした状態で投資は開始される訳です。また、このようにして投資が始まるようになっている点については、後になってクレームになりえる可能性もあります。

なので、予め信託会社や信託に関する金融機関では損失てん補責任等を用意しているのです。この責任では、信託法の第40条が適用となるのですが、法律が適用されると受託者の責任について何かしらの措置を求めることが出来るようになります。ただ、保証ではないので対応の範囲については正確なものではなかったりもします。

と言うのも、受託者が任務を怠ったとされる場合のみ適用となるので、受託者についてもどの程度で責任になるのかについては協議でもって定めるようになっているからです。これについては、受益者側の権利となっているので受託者が跳ね除けると言う事は出来ないようになっています。

また、当該各号において定める措置を請求できるようになっているのですが、定められた日時までに対応となっていないので、早急な対応が出来るかどうかについては信託会社によって異なるという風にもなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ