投資の安全性は担保権信託によって保たれている

リスクもあるのでリターンがあると言うように投資は定まっています。実際に、投資信託を信託会社に一存する際に、投資の危険性と投機との違いについての案内があるのです。

また、会社側からは受益者となる契約者に対しての安全性についても通達があるのですが、これについては担保権信託とされているものが設定出来るようになっているので、そのような対応も可能なのが通達されてくるのです。担保権信託はセキュリティ・トラストと一般では呼称されています。

これは改正信託法で新設されたものなのですが、本来では担保権とされているものが用意されていて、それにより投資と言うのは開始となりますが、セキュリティ・トラストでは担保とは別の担保についても用意が可能となるのです。例えば、利益が上がった状態で更に投資を行っていくかどうかを聞かれたとします。

信託会社は、このように利益の再利用をどうするかを委託者と相談し継続するかを決めます。この際に、利益だけで新たに投資する場合では担保権信託となるのです。既に、発生している利益のみを使いますので、当初から利用されていた資産分については利用が保留の状態となるのです。

つまり、資産分については利益が既に確保された状態で、かつ担保にされていない状態となるのです。これをセキュリティ・トラストと言うのですが、一般的にセキュリティ・トラストと言うのは複数の投資を行う際に利用されるケースが多いです。

その場合には、利益と損失が同時発生する可能性があり必要な保全の手段であったりもするので利用されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ