知的財産権についても知財信託では利用可能

投資と言うのは、金銭や物品に対して行われるようになっています。なので、投資信託と言うのは財産として定まっているものであれば、基本的には頓着なく利用可能となっているのです。しかし、現代では金銭や物品以外についても認める事が可能になっているので、信託会社によっては知財信託についても取り扱っているケースがあります。

知財については、委託者の知的財産について投資が行われます。
知的財産については、これのみでなされるようになっているのですが、近年では複数の投資についても同時対応が可能となっているので、知財信託と言ってもこれのみの運用ではなくなっています。

例えば、著作権などについても投資においては利用が可能となっているので、それらについても投資では同時に利用出来るようになっているのです。このような投資手段については、対応している会社とそうでない会社が存在します。

知財信託については、2004年の信託業法の改正で定まる事となっているので、現代では営業信託でよく用いられるようにもなっています。知的財産については、大まかに認められているものではなく、既に商品価値が評価額として定まっているものでなかればいけないなど、どのような知的財産でも良いというふうにはなっていません。

なので、委託可能財産として認められていないようなものについては、取り扱うかどうかを協議で定めるなど、業者によっては即時で対応してくれないような財産も存在します。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ