知的財産で投資をする信託が知的財産信託

知的財産として定められている物で投資をする事を知的財産信託と言います。また、主に著作権や特許権について言っているので、それ以外に関しては、商品としての表示がされていないと認められないようになっています。

なので、既に商標や商号などが発生していないものについては、知的財産信託においては利用が出来ないようになっているのです。これについては、知的財産を取り扱っている信託会社にて案内がされるようになっています。信託会社と言うのは、全信託を取り扱っているのではなく、限られた中で投資をされているだけなのです。

そのため、運用することができないというケースも起こりえるのです。また、他に人が考案した発明品や著作物であるかどうかについても、そこで調査がされるようになっているので、個人が保有しているからといって、即時に利用出来るという訳ではありません。

なので、知的財産で信託を依頼されても、その会社によっては対応に時間がかかるケースもあるのです。これが通常の投資信託との大きな違いとなっており、投資信託ではシステム化についても進んでいるので、その日の内からで投資ができるようになっていることもあります。

それに対して、知的財産信託では、確認を知的財産の情報を保有している業者や機関で行わないといけません。そのため、どれほどの日数で投資が可能になるのかに関しても、正確なところでは定まっていないものも存在しているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ