信託では注意義務だけでなく忠実義務もある

信託には注意義務と言うものがあります。例えば、投資信託は安全と言う風に触れ回ってはいけないと定められているのですが、それがどのような理由で成立しているのかについては、信託会社からでアドバイスを受けるようになっています。

つまり、信託で資産運用をされる際には危険性についての連絡を受けている状態で、かつそれに対して承認をされていないと認められないというようになっているのです。
もし、それを怠っていたとすれば注意義務違反として信託会社の問題となります。

今では、口頭での案内の前に文面に署名をすると言うようにもなっているので、ヒューマンエラー防止策についても考案がされるようになっていますし、対応についても信託会社によって違うという風にもなっていません。

次に、これだけでなく信託会社は忠実義務についても対応されていないといけないという風にもなっています。忠実義務は、注意義務とは違って正確なところについては定まっていません。例えば、公序良俗に従って運営するなど道徳面によった内容で定まっているケースが多いからです。

道徳面については、対応されるものによっては違いも生じますので、あくまでも忠実であるのを旨にして資産運用をすると言うだけです。その為、分別管理義務のように基本として定まっているものでもあるので、このような場合については文面上での確認はあっても、注意義務のように口述による説明はない場合も多いです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ