著作権信託ではユニークな物を信託にできる

今では著作権でも信託が可能となっています。また、そのようなものを著作権信託と言うのですが、著作権については決まったもののみが対称となる訳ではなく、時代において価値が認められているものであっても信託に利用が出来ます。例えば、現代になって著作権として浸透するようになったものでは、映画やアニメなどがあります。

過去においては、著作権について認められているものの、信託においては特殊な物として扱われていました。ですが、2004年の信託業法の改正もあり現代ではその価値を認められているのです。

また、特許権や著作権については投資信託で用いることが可能にもなっていますので、前述したものの特許に関するものであっても対象になります。このように現代では、価値が認められているものであれば委託者と受託者の総意でもって、あらゆる対応が可能になってきてもいます。

ただし、著作権については注意も必要となってきます。具体的な注意点としては、価値が変動しやすいものについては信託をするのは難しいと言う事です。なので、過去において人気があったものなど現代ではどのような扱いになっているのか不明なものについては、信託では扱いづらいものであったりもします。

このようなケースでは、あらかじめ評価額について専門として取り扱っている業者で評価を受けないといけないケースもありますので、委託者の一任では信託の開始とはならないようにもなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ