倒産隔離機能があるので財産の保全が行いやすい

信託会社で預かっている財産については、倒産隔離機能と言う機能で対応されるようになっています。具体的には、財産と言うのは好きなように扱ってもいい部分と言うのが、信託会社にもあると言うものです。

具体例では委任者の所有されている会社などが倒産されるようなケースで、全く信託会社は影響を受けないで済むというのが特徴となっています。本来であれば、倒産をされる以前に財産と言うのは引きあげがされるようになっています。

ですが、これでは信託会社も財産の保全が出来ません。やはり、財産が引きあげられてしまうとその後は他に預かっている資産などで営業をしていかないといけないからです。このように一部もしくは全部を預けた状態のままに出来るようになっているのですが、これについては倒産隔離機能としてまとめられてもいます。

また、財産などについては管理と処分が受託者である信託会社で一任されてもいます。つまり、管理を自由に行えるので、倒産隔離機能があると正常な状態で資産運用が出来るようになるのです。ただ、当初の目的に従って資産については運用をしていかないといけません。

なので、管理においては目的完了となると、その時点で利益分の対応もしなければならず、財産の管理についても長期に渡って常に一任されている訳でもなかったりするのです。このように期間毎に管理する資産については、大小の変化があるようにもなっているのが投資信託の特徴です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ