信託で特殊な扱いになるものが特定信託契約

信託と言うのは、資産を運用するのが狙いとなっているので、資産を預けるような形で資産が運用されるようになっています。ですが、資産については何も個人の収入によるものであったり、もしくは土地などの財産ではなかったりするケースもあります。例えば、特定信託契約などで契約を結べるものがそうです。

本来であれば、資産を運用するのが信託なのですが、こちらでは元々違っており、別として新たに定められたという特徴があります。預かる物品についても個性的で、金利であったり通貨であったりと金融商品に等しい物が、委託者から一任されて受託者で管理がされるようになっています。

本来であれば、これらについては保有している側で資産運用がされるものです。なので、金融商品については個人が管理するものとなっているのですが、今では特定信託契約という形で資産を一部、もしくは全体で譲渡することも可能になっているのです。

譲渡後については、損失の出ない範囲で運用とはなりません。これが他との大きな違いなのですが、専門的に運用をされるだけで損失が発生するケースもあります。また、そのように投機的なリスクについても、従来の信託より高い頻度で発生する可能性があります。

そのため、予めそのような信託については発生する損失を補填する物品や金銭についても、信託を開始する前に納めておかないといけないケースまであるのです。これが従来との大きな違いでもあったりします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ