特定贈与信託では特殊な事例においての信託となる

特別障害者については、生活の安定を図る事を目的として信託を受けることも可能です。生活能力が著しく低下している人もおられるのですが、その際には特定贈与信託という形で受けます。受けることとなっても、実際に行っているのは親族や篤志家です。

篤志家については、親族とは違って委託をする前提で信託会社を使ってくれている人となります。つまり、ボランティアに等しい状態でしてくれているのです。

信託と言うのは、何も利益前提としての利用ばかりではなく、公益性を重視しての利用についても可能となっているので、今回のように障害者の身の安全を考慮してボランティアでしてくれている人もいるのです。公益とは、人の生活など多くの人に利益が還元されるような仕組みになっているものの事です。

公益に関しては、特定贈与信託のような信託だけではなく、他にも特定信託契約のようなものもありますので、ボランティアと言っても1種類だけではないのです。

また、公益を意識してボランティアされている篤志家については、財産の一部を譲渡されているケースが多かったりもします。なので、将来的には管理が難しくなるようなものであったり、財産として譲渡しづらかったりするものが運用されているケースが多いのです。

親族についても限られた人数までで特定贈与をされている訳でもなかったりします。無関係な親族についても、このようなケースにおいては特定贈与をしてくれるケースまであるのが、一般的な投資との大きな違いとなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ